歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS きわめてシンプルなコンラート作戦〜ブタペスト45(CMJ) 

<<   作成日時 : 2007/10/02 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この日は作戦級が3アイテム、立ったのですが、その一つがkawaさん持ち込みの「ブタペスト45」(CMJ)です。一世を風靡した「ウクライナ44」(CMJ)の元になった師団規模の東部戦線もので、現在はコマンドベスト版として、再版されています。プレイに使われたのは、由緒正しきCMJの原版です。

45年はじめに行われた、ブダペスト救出作戦を描いたもので、同テーマでは連隊規模の「ビター・エンド」(HJ)があります。歴史的な再現性では、「ビター・エンド」の方が上ですが、凝ったシステムや時間のかかるキャンペーンなど、プレイヤーを選ぶ(または時間が必要な)アイテムでした。

「ブタペスト45」は史実の展開にはなりませんが、一例会で終わる手軽さとシンプルなルール、簡単で効果的な情報の秘匿など、対戦アイテムとして優れています。今回は、ドイツ軍をkawaさんが、ソ連軍をyagiさんが担当しました。

画像

展開は、ドイツ軍が正面の森林地帯とバラトン湖からの迂回を取り混ぜ、途中でソ連軍のポケットを作りながら、ブダペストまであと数ヘクスまで迫っていました。詳しくは、お二人から、どうぞ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
比較的ソロプレイをしたゲーム(といっても3〜4回だけど)のつもり
だったのですが、久しぶりだったせいか双方ともぶっつけ本番状態で
肝心なルールをいくつか忘れていたりで・・・

なかでも最大のルール漏れは、
第8ターンのドイツ軍の2個装甲師団撤退を忘れたことで、
従って、ゲームの勝敗は、ドイツ軍の反則負けです。(自爆)

貴重な時間をお付き合いいただいたyagiさんには、
この場を借りてお詫びいたします。
kawa
2007/10/05 01:05
というわけで、ドイツ軍が撤退させなかったら、という
ifシナリオ?前提の話になってしまいますが

牽制用に補給切れ覚悟で南方から突破させた装甲2個師団が
ドナペンテレ(4808)でドナウ河を渡り、
補給不足状態でドナハラジ?(3404)までたどり着き、
ペスト市街まであと2ヘックスのところで狙撃兵師団の壁に
阻まれたのが10ターン終了時(1月19日)の状況。

他方、ブダ市西方では主攻部隊がポマツ(2509)、ビア(3610)の手前まで
接近し、キャッスルヒル(2807)とその対岸の2個師団まで消耗した
守備隊が全滅するのが先か、連結するのが先かという状況でした。
kawa
2007/10/05 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
きわめてシンプルなコンラート作戦〜ブタペスト45(CMJ)  歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる