歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の作戦級は、プロのオリジナル!〜ビルマの旭日(GJ「ビルマの落日」ヴァリアント)

<<   作成日時 : 2007/10/31 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

例会も後半になり、ワークス・ゼロの六万寺さんが「これをプレイしてみませんか?」と取り出したのが「ビルマの旭日」です。ん?落日ではなくて、旭日?!そう、GJ「ビルマの落日」のオリジナル・ヴァリアントです。デザインは、もちろん、硫黄島と同じ堀江隆靖氏。

ちょっとしたバランス確認を兼ねて、六万寺さんが持ち込んだものです。うまく機能すれば、いずれ、発表されるかも、とのこと。takobaさんの「帝国海軍第三艦隊」もそうでしたが、こんな場末の地方例会で、未発表のオリジナルをプレイできるなんて、うれしい限りです。ううっ、ちはら会も、とうとう、ここまで・・・(感涙、笑い)。

「落日」は、帝国陸軍による、戦争後半の北部ビルマ防衛戦を描いていますが、こちらは前半のビルマ平定戦をシミュレートしたものです。英連邦軍及び中国軍は、大戦初期の大敗走から全て、損耗状態(1ステップ)ですが、数だけは多くて、11個師団もいます。対する日本軍は、史実通りにわずか4個師団!しかも、完全戦力は1個師団だけ。この4個師団弱の兵力で、敵の過半を撃破し、3つの戦略的要衝(マンダレー・ラシオ・ミートキーナ)を占領しなければなりません。それも、たったの3ターンで!

ちなみに、ルール自体は、作戦と補給に絞ってあるため、10分程度の口頭説明でプレイできます。ただ、もとのアイテムが相応のテクニックを要するため、こちらでも、オリジナル同様に、かなりトリッキーな用兵が求められます。

はじめの2回は、インストがてらの即興プレイで、感覚をつかみます(実は、自分も「落日」システムは、初めてです)。mitsuが日本軍を担当し、通常の感覚で移動−戦闘をしましたが・・・う〜ん、全く、話になりません。むやみに戦闘をしていては、埒があかない。違うゾ、こういうゲームではないゾ。鍵は、きっと、機動になるはず・・・。一度、六万寺さんに手本を見せてもらい、日本軍の身を削った(ステップロスによる)強行軍と補給遮断の効果を学んで、本戦を開始しました。

第1ターン、日本軍は、山地への強攻突進と、平地での一点突破(と背面展開)により、マンダレー南部の6個師団を補給切れにします。敵がこれを救出に来れば、まとめて排除する作戦でしたが、連合軍は生き残った部隊を、一斉に北部に引き上げます。

画像

第2ターン、補給路遮断のための最低限の部隊(1個連隊)をチドウィン河方面に残し、主力は、敵を追いかけて北上します。雲南方面に突進した1個師団が、峠の敵を強襲し、これを撤退させます(強襲による3:1攻撃でDR)。これにより、山地に残った1個師団が補給路を断たれ、補給切れになります。連合軍は、ミートキーナ防衛をあきらめ、1個師団をフーコン峡谷に送り、残りの全力で雲南方面に戦線を構築し、逃げ遅れた非補給師団になんとか、補給を与えようとします。

画像

第3ターン、日本軍は最後の攻勢に出ます。ここまでの日本軍のVPは、都市占領による5点に、壊滅した敵師団による6点を加え、11点です。連合軍のVPは、補給下の師団による5点で、差し引きで6点。日本軍勝利の8点のためには、非補給下の敵を降伏させる必要があります。先の強襲で、損耗した1個師団が、補給路上の敵師団に、再び、強襲をかけます。戦闘比は3:1で、2/3の確率で勝利でしたが・・・無情にも賽の目は「1」となり、敵の排除に失敗しました。補給路がつながったことにより、全ての敵が生き残り、後一歩で、日本軍が敗退しました。

画像

その後も、作戦研究のための検証プレイを、時間いっぱいプレイし、どうにか見えてきました。両軍がシステムと状況に精通すれば、バランスも、ほぼ五分五分に近くなりそうです(イニシアチブを持つ日本軍が、若干、不利か?この辺は、硫黄島の海兵隊に似ているようで・・・)。極少のユニットとターン数ながら、パズル的な思考で、いろいろと頭を使う、ミニゲームです。

本来は「ビルマの落日」のインスト用でしょうが、現在も入手できる、数少ない帝国陸軍のビルマ攻勢アイテムとしても、評価できると思います。ワークスゼロさんも、HPを立ち上げたとのことですので、完成の暁には、ぜひ、ネットで公開をお願いします(もちろん、硫黄島のバランスルールも一緒に!)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
mitsuさん
『旭日』のテストプレイにお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
「全移動力で1へクス移動可能」で、日本軍の動きがどのように変わるのか?
是非もう一度対戦させてください。
六万寺
2007/11/01 22:54
これで、中国戦線方面での迂回浸透ができそうですね。日本軍のオプションが1つ増えますね。
mitsu
2007/11/01 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の作戦級は、プロのオリジナル!〜ビルマの旭日(GJ「ビルマの落日」ヴァリアント) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる