歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS いまだ、「硫黄島」は健在なり〜激闘!硫黄島(GJ)3戦

<<   作成日時 : 2007/10/01 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

今回、杉並から参加いただいた六方寺さんのご希望で、わがちはら会の誇る硫黄島フリークたちが、「激闘!硫黄島」(GJ)の連続対戦をしました。六方寺さんは、新鋭デザイナーズ集団「ワークスゼロ」の関係者で、SLGをはじめたのは最近だそうです。なんでも、デザイナーさん自身とも対戦したとのこと。う、うらやましいゾ!

第1戦は、「硫黄島の厳窟王」ことTSMさんが、お相手を務めます。TSMさんも硫黄島のためだけに(!)、松戸からの参加です。来場途中で小糠雨に濡れたTSMさんは、シャツ1枚で対戦していました。このシャツ姿が、洞窟陣地の暑さにぴったり!おお、まさに「洞窟おじさん」っす(笑い)!!

画像

六方寺さんが帝国陸軍を、TSMさんが海兵隊を担当します。六方寺さんの初期配置は、極端なまでの内陸防御策です。おとりと牽制の海軍部隊を海岸に配置しただけで、あとは船見台や千鳥飛行場などの内陸に、高々とスタックを築きます。あれほど徹底した内陸スタックを見たのは、久しぶりです。

対するTSMさんは、第1ターンに様子見の爆撃をしたあと、第2ターンに早々に上陸してきます。が、いつもと勝手が違う展開に、前半の砲爆撃はほとんどがスカで苦戦を強いられます(そりゃ、あの配置は、読めないっす)。それでも我慢に我慢を重ね、損害を抑えながら、着実な前進で終盤までこぎ着けます。残り3ターンで、まだ、1/3のエリアと6〜7ユニットが残っていたので、かなり厳しかったのですが・・・・。

ここからがベテランの真骨頂でした。確実な砲爆撃と最後のギャンブルをかけた近接攻撃を全て成功に導き、最終ターンに日本軍を全滅させて、見事に勝利しました。さすがは「厳窟王」!六方寺さんも、土俵際の逆転で、ビックリ仰天(呆然?)でした。

画像

続く第2戦は、陣営を入れ替えて、六方寺さんが海兵隊を、mitsuが帝国陸軍を担当します。帝国陸軍は、先の対戦を参考に、ちょっと違った内陸防御策を取ります。船見台に兵力を集中するのは同様ですが、それ以外は山地に集結し、敵の様子を見ながら隠蔽展開をする作戦です。

画像

幸い、敵の予想を外すことができ、十分な兵力を保ったまま、海兵隊の上陸を迎えます。砲爆撃で海岸のおとり部隊は壊滅したものの、生き残った海軍砲兵と内陸の砲兵、隠蔽した迫撃砲を集中し、2ターンにわたって上陸海岸に鉄の雨を降らします。これで、海兵隊2個連隊が半壊します。

海兵隊も戦車を揚陸して千鳥飛行場を占領しますが、船見台で手痛い反撃を受けたり、海岸を迂回中の戦車が速射砲の待ち伏せで昇天したりと、損害が急増します。第5ターンが終わった時点で、2個連隊+戦車1個大隊が壊滅し、日本軍ははや30VP。これで、日本軍、有利か?

画像

と、ここで、ターン待ちのyagiさんが、隠蔽マップを覗きに来て、ぽつり。「ああ、これが西戦車連隊か」「!・・・だ、だめっすよ!(砲撃で壊滅したことにしてあるんですから!)」「おお、悪り〜、悪り」

続いて、常連TOMMYさんも、ひょこっと顔を出して、状況を確認。「まだ、たくさん、あるね〜。ええと、1、2、3・・・・」「こっ、こら!!隠蔽ユニットを数えちゃいかんって!」(こちらは、海兵隊不利と見ての確信犯!笑い)

最後に、TSMさんまで(受けていない損害を演出する自分に向かって)一言。「mitsuさんは小芝居が生きますね〜」「こら、こら〜!(だから、芝居がばれるでしょうって!)」(大笑い)

と、「心優しい」ちはら会同志の援護射撃も効いたかどうか(攪乱しただけ?)。以後、海兵隊は、損害を抑えながら、慎重な前進で、摺鉢山や元山飛行場と占領地を広げていきます。しかし、序盤の損失が響き、兵力不足でタイムアップ、帝国陸軍の勝利となりました。2連戦の激しい戦いを終えた六方寺さんは、「やっぱり、いろいろな人とプレイすると、違いますね〜」と、楽しんでいただけたようです。

画像

最後に、家庭内ZOCを浸透移動してきた常連のTOMMYさんが駆けつけ、TSMさんと第3戦をしていました。なんとここでも、TSMさんが、日本軍を全滅させ、海兵隊で2連勝!「海兵隊は決して不利ではない!」との強気な発言も飛び出すなど、この快挙にわく硫黄島フリークたち。やはり、「洞窟おじさんは、伊達ではない」っす!

画像


千葉会・ちはら会・自宅オフ会と、関係者でおそらく40戦以上が繰り広げられた「激闘!硫黄島」ですが、全く衰えることがありません。「硫黄島好き」とかフリークの域を超えて、もはや「硫黄島中毒」(!)といってもいいかも(笑い)。いまだ、「硫黄島」は健在なり、です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
このゲームは、やはり基本的には日本軍が有利だとは思います。
3対7ぐらいですかねえ。
米軍が勝つには2つの条件が必要かと。
1 日本軍のミス
  人間ですからノーミスはありえないわけで、そこで米軍が日本軍よりどれだけ少ないミスですますか。すませられるかどうか。
2 サイコロ
  どんなに厳しくとも、サイコロさえ操れれば勝てます。いや冗談抜きで。
  六方寺さんとの対戦では、最終ターンの異常なサイコロで勝てました。
  確率5割ぐらいでヒットした!それ以外は負ける状況だっただけに勝ったこちらも驚きました。

今のところ米軍で勝ちまくってますが、日本軍プレイヤーのレベルが向上するにつれて、勝率は3割に落ち着くのかな。4割いけるようにがんばります。


  
T
2007/10/09 10:19
mitsuさん TSMさん

その節は『激闘!硫黄島』のお相手をしていただきまして、どうも有り難うございました。
会場の都合もあって2戦だけとはいえ、充実した内容でどっぷりと『硫黄島』の世界に浸ることができました。

第1戦でのTSMさんとの対戦では、終盤以降すっかり安心しきっていたところを最終ターンでひっくり返されたのには度肝を抜かれました。
TSMさんは「異常なサイコロ」などと仰っておられますが、退路を押さえた上での確実な攻撃だったので、こちらは栗林の断末魔の叫びを聞きながらも、まったく成す術がない状態でした。

つづくmitsuさんとの対戦では、海兵側を担当させていただきましたが、陸軍側のプレイ以上にmitsuさんの「名演技」に翻弄されっぱなしでした。
mitsuさんのブラフに引っかかって、作戦変更を繰り返してヒドイ目にあいましたが、おかげでシングル・ブラインドの面白さを堪能することがでしました。


次回も参加させていただきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いします!
六万寺
2007/10/11 16:29
六万寺さん。都内より参戦ご苦労様です。
硫黄島仲間が増えることはこの上ない喜びです。
もし余裕があったら、千葉会の方でも、
結構硫黄島プレイされてますので両方どうぞ。
T
2007/10/11 22:57
本当に遠いところを、ご来場いただきありがとうございました。次の会場は、さらに「遠く」なってしまいますが、兵員輸送車のピックアップも利用いただき、ご参加くだされば、幸いです。ああ、硫黄島に「解毒剤」はないのか?!
mitsu
2007/10/11 23:14
どなたかVSASALで硫黄島モジュール作ってください。
そしたら毎日硫黄島ができる。
T
2007/10/12 19:52
SOLARさんがVASSALモジュールをお作りになっていますね。
これは、「ちはら会発硫黄島ブーム」が爆発しますか?^^
うおP
2007/10/13 18:08
うおぴーさん情報が早いですね。さすが。
硫黄島のモジュールの製作者のブログです。
http://varon.at.webry.info/200710/article_1.html
これで、いつでも、部屋にいながらにして、
硫黄島の対戦ができます。
みなさん、VASSALをインストールしておきましょう。
尚、1918のモジュール(へぼへぼさん製作)を所有しております。
希望者には配布しても言いと、快く許可していただきました。
希望者はここにでも書いてください。(mituさん使わせてね)

2007/10/13 20:46
それにしてもいい時代になりましたよね。
ネットでゲームの対戦ができるとは。
硫黄島は100%ネット対戦に向いています。ユニット数少ないし、
エリアだし。サイコロ振るのが大変だけどw
シングルブラインドなんて、まさにネット対戦向きですよね。
早くできないかな。
T
2007/10/13 20:51
Tさま、ありがとうございました。
あれ、あそこはvaronさんのHPでしたか!
これは大変に失礼をいたしました。(って、varonさんに言わないとね。)

しかし、モジュールができたのはTさまのお申し入れだったようですね。
これで「硫黄組」が増えますよ、責任取って下さいね。
うおP
2007/10/13 22:33
責任とって、できる限り対戦相手を務めます。
うおぴーさん。ぜひ硫黄島やりましょうw
いつでもインストいたします。
T
2007/10/13 23:07
皆様、こんにちは。
よもやこんなに盛り上がっているとは知らず、己の無知ゆえに気軽な気持ちで手をつけたことにビビッています
せいぜい石をなげられない程度の物は作るべくがんばります。
ついでに質問ですが、
このゲーム、サイコロは何個くらいふるものでしょうか?

次に、ルールの確認ですが防御射撃は1ユニット1回だけ可能という判断はただしいでしょうか?
陣地以外は、意図しないかぎり露顕しないでいることが可能という判断はただしいでしょうか?

最後に、おはずかしながらユニットの作成に困難しています。
思い切り手を抜くか、職人気質で時間をかけて作るかなのですが
まだ切断前のユニットシートをお持ちのかたおられますかね?
あればスキャンしていただけるとユニットの作成が簡単なのですが
もしまだ切っていない方がおられたら、よろしくお願いいたします。

では、出来れば早く完成させたいのですが
もう少しお待ちください。
varon
2007/10/13 23:12
1 サイコロの数ですが、最大で34個 平均で20個ぐらいです。
2 防御側のユニットは、各ユニット、1ターンには1度しか「防御射撃は」できません。ただし、自分のターンの最初にリセットされ、近接戦闘フェイズで再度近接戦闘が可能になります。
3 陣地は砲爆撃をくらうと露見しますが、それ以外の日本軍ユニットは、露見しません。
  例外 A) 海軍所属ユニットは、1ターンの終わりに露見
     B) 2エリア以上の移動をした時。米軍支配地域に移動したとき。
     C) 同じエリアに米軍ユニットが存在する、近接戦闘フェイズの最初に、そのエリアの日本軍ユニットは全て露見。

宜しくお願いします。
mituさん。ブログを連絡場所として、利用させてもらってます。
しばらくお願いします。完成したら、ぜひネット対戦しましょう。
TあらためTRIGUN
2007/10/14 00:43
ゲームには入っていないのですが、移動済みマーカーがあると
非常に便利です。
余裕がありましたら、お願いします。
TRIGUN
2007/10/14 00:45
mituさんへ。
今までの流れ。
VASSALという、ウォーゲームをネットで対戦するためのソフトがあります。
1 VASSALの日本のホームページhttp://www22.atwiki.jp/varon/pages/16.html
で、硫黄島のモジュールを作ってくださいとお願いしたんです。
2 バロンさんが、快く引け受けてくださいました。
http://varon.at.webry.info/200710/article_1.html
3 これが完成すると、ネットでいつでも硫黄島の対戦ができるようになります。

というわけで、しばらくご協力ください。
説明が遅れて申し訳ありませんでした(なにぶん興奮していましてw)。
TRIGUN
2007/10/14 00:52
おお、またもや、硫黄島の話題で、火がつきそうですね(笑い)。

こちらでよければ、いつでも掲示板かわりに、ご使用ください。自分は、今一つ、使い方がわからないVASSALですが、近々、「硫黄島ネット対戦用」のスレッドを立てますね。
mitsu
2007/10/14 00:59
硫黄島の話題で、もう一つ。

先日から「硫黄島の星条旗」(文春文庫)という書籍を読んでいます。C・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」の原作になったものです。600ページ弱の大作で、なかなか手を出せなかったのですが、これが実にいい!

通常の戦記物と違って、星条旗を掲げた6人の人生を丹念に掘り起こしていく、良質のルポです。映画では、時間の関係で、硫黄島上陸後しか描いていませんが、文庫本では、それぞれの生い立ちから、じっくりと書き込まれています。運命に導かれて、海兵隊員になり、チームを組んで硫黄島に上陸し、「あの瞬間」に至るまで、手に取るようです。

「プライベート・ライアン」など、よい戦争映画と同様に、声高なアジなどいっさいなく、淡々とした描写そのものが、見事な反戦になっています。
「硫黄島の星条旗」に感銘を受けているmi...
2007/10/14 01:22
「彼らは映画を見た。戦争映画である。スラッジ(友人)がこの映画をどう思うかと聞くと、マイク・ストランクは『実際は、あんなものじゃあないよ』と静かに言った。(中略)『二度ときみには会えないかもしれない。おれは帰ってこられないと思うんだ』」

マイク・ストランク軍曹は、「もっとも海兵隊らしい海兵隊」と言われた、第28連隊所属の分隊長。国旗掲揚後に、硫黄島の戦闘で戦死。
硫黄島に思いをはせて・・・mitsu
2007/10/14 01:23
こんにちは。
まだ製作途中ですが、いろいろとご意見を聞かせてもらえればと思い
うおPさんあてにメールで送信しました。
とりあえずユニットは暫定でちょっとだけ登録しています。
いずれ差し替えたいと思うのですが、当分の間我慢してください。
では、プレイ経験豊富な皆様のご意見を賜れば幸いです。
varon
2007/10/14 17:32
たしかにvaronさんからファイルをいただきました。
とりあえずMitsuさんに転送します。
残念ながら小生は硫黄島そのものをプレイしたことがないのですが、ファイルそのものは直感的に使えるようなボタン配置になっていますので、きっとプレイしやすいのではないかと思います。
どんどんコメントをお願いいたします。
うおP
2007/10/14 21:04
mituさん。動かしてみましたか?
フェイズごとに区切られていたり、
ユニットを動かすと、線で記録されたり。
こりゃあ、すごいや。
PCでプレイすることの利点が
きちんと機能として備わってますねえ。
駒がまだ2つしかないので、プレイ自体はできませんが、
わくわくしてきた。
TRIGUN
2007/10/14 21:51
乗り遅れた〜。何か凄い事になってますね。
硫黄島の通信対戦のソフトが開発せれていたとは。TRIGUNさん、これで思う存分プレイ出来ますね、ふふふ。
ハト
2007/10/15 20:11
はとさん もうちょっとです
完成したら対戦しましょう。
これならお仕事の合間にできますよね?
楽しみに待っててください
TRIGUN
2007/10/16 19:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
いまだ、「硫黄島」は健在なり〜激闘!硫黄島(GJ)3戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる