歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 洞窟陣地は気温より熱かった!〜激闘!硫黄島(GJ)

<<   作成日時 : 2007/08/19 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 35

暑い夏にお盆といえば敗戦記念日ですが、帝国陸軍の戦跡をたどるアイテムをプレイしました。千葉会・ちはら会でブラインド陸戦の定番になっている「激闘!硫黄島」(GJ)です。ルールを読み込んだTOMMYさんが日本軍を、やっと攻撃側になれたmitsuがアメリカ軍を担当しました。

第1ターン、正攻法の南部攻略を進めるため、摺鉢山に上陸します。砲爆撃を集中使用したことで、危なげなく上陸と制圧に成功します。その後、南部に全面上陸を行い、若干の損害を出しながらも、第3ターンまでに船見台と鶯集落の占拠に成功します。TOMMYさんが船見台に陣地を忘れるというミスにも助けられ、五月蠅い迫撃砲を早々につぶすことに成功します。

中盤は、南からの突き上げと北部への牽制上陸で、揺さぶりをかけます。南部では兵力の集中によって、第5ターンまでに元山飛行場と大阪山を占領し、ほぼ予定通りの進軍になります。北部では残っていた2個連隊を上陸させますが、一部は埋伏した機関砲部隊に痛打され、あやうく全滅しかけます。それでも砲爆撃の威力で、天山を占拠します。日本軍も必死の浸透移動で妨害をしますが、時間稼ぎの域を出ません。

画像

ところが、終盤にアメリカ軍のdrが極端になります。砲爆撃はそこそこ当たるものの、浸透してきた敵や姿を現した部隊への攻撃で、確率以下のdrを連発。生き延びた部隊が全滅覚悟で飛行場を荒らし回り、VPが伸びなくなります。あせって海兵隊を集中すると、地下にも潜っていた別の部隊が顕在化し、山地に立て籠もる悪循環。結局、この取りこぼしが響き、最終ターンの終了時に、日本軍の圧勝となりました。

画像

う〜ん、やっぱり、米軍は最後まで息が抜けませんね。後半にdrに祟られたとはいえ、久しぶりの米軍で詰めの甘さが露呈した戦いでした。敵を全滅させようと、あせって隙を作ったことが敗因です。実は、まだ、海兵隊で勝ったことがありません(というより、なかなか、海兵隊をやらせてもらえないんです。笑い)。次は、ぜひ、勝利の美酒を味わいたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さよなら、2007年!〜もっとも愛された「ちはら会ブログ」記事は?!
まもなく、2007年が終わり、期待と希望に満ちた2008年が始まろうとしています。もう一つの年末恒例「ちはら会ブログを振り返って」をやってみたいと思います。 ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2007/12/31 13:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
師匠。5ターンまでに本山飛行場と大阪山を占領できたのは、米軍としては悪くない展開ですよね。
そこからの栗林中将ならぬTOMMY中将の粘りが、米軍の物量を上回ったのでしょう。まさに「ここで戦う一日一日が、本土を救う一日一日」ですね。
ところで、この展開なら北部への上陸をやめて、全部南部から戦線作って押し上げて、点数で勝利する可能性も高かったのでは?
そこのところどうでしょうか?
mituさんの弟子
2007/08/20 20:43
TSMさん、こんばんは。

>ところで、この展開なら北部への上陸をやめて、全部南部から戦線作って押し上げて、点数で勝利する可能性も高かったのでは?

そうなんです。
後から考えると、飛行場だけ押さえて、ゆっくりいけば、十分、勝機があったんです。大阪山が落ちた時点で、こりゃ、勝ったなと、思っていたくらいですから・・・。
実は、久しぶりの対戦で(しかも慣れない米軍で)余計な進撃をして、みすみす、イニシアチブを渡してしまいました。米軍には、やはり、何事にも動じない、鉄の意志(と対戦慣れ)が必要なようです。

うう、次の対戦こそ!しばらく、海兵隊しかしないぞ!(笑い)
師匠というのはこそばゆいmitsu
2007/08/20 21:10
mituさんのまいた1粒の種が、結構繁殖しました。
今じゃ、日本軍できる人が、はとさん、MMさん、TOMMYさん、
そして弟子の私。4にんにまで増えてます。
お名前は知らないけど(失礼)購入した人が千葉会にお一人います。
みやぽんすきーさんも、購入しそうです。多分硫黄島に限って言えば、
千葉県は一番人口密度が濃いです。
そろそろ収穫の時期ですぞ。心置きなく米軍もってください。
TSMってだれかなw
2007/08/20 23:45
ありゃりゃ、うおPさんでしたか。こりゃ、失礼しました。
あまりにも的確なコメントだったので、百戦錬磨のTSMさんと勘違いっす。

ちなみに、千葉会ですぐに購入した方もTSMさんです。例会のたびにやりこんで、コストパフォーマンスがべらぼうにいいそうです。1ゲームあたりに換算すると、100円前後とか!!

誰か、2in1のビルマ戦もいきません?(きっとまた、今月のソロだろうな)。
mitsu
2007/08/21 00:29
おいらじゃないよ〜ん。
このゲーム、知らないもん(笑
それに、おいらが師匠と呼ぶのは、yagi師匠だけだよ〜。
ほんもののうおP
2007/08/21 00:41
>大阪山が落ちた時点で、こりゃ、勝ったなと、思っていたくらいですから・・・。
正にこのとき守備隊の方では「ヨロシクナイ」とふんでおりました。

しかし、北ノ鼻上陸時に奇襲防御射撃を浴びせたところから戦いのモメンタムは日本軍に傾き始めたような気がします。その後弱った海兵隊ユニットを追っかけて、決死隊を米軍支配エリアへ突入させましたが、その掃討の賽の目が振るわず海兵隊の焦りとミスを誘いました。最初の大きなミスは折角奪った大阪山を空にして日本軍に無血奪回を許したことでしょう。終盤8ターンには勝利への最後の一撃を加えるべく海兵隊はユニットを東集落、庚申塚に集中投入しましたが、それが逆に玉名山から船見台まで空にしてしまうというミスを引き起こしてしまいました。

只でさえ海兵隊は厳しいのに暫くプレイしていなかったのでは尚更でしたね。
このままでは終われそうにないのでまた日本軍でお相手いたしたいと思います。
YB−TOMMY
2007/08/21 02:39
>このゲーム、知らないもん
そう、じゃあ最初は海兵隊やらせてあげよう。
優しくしてあげるから怖がらなくていいよ、ぼくちゃん。
ほんもののその3
2007/08/21 02:43
はじめまして、硫黄島のデザイナーです。
だいぶ以前からこちらのブログは知っていたのですが、挨拶が遅れました。ずいぶんとプレイしてくださっているようで、作者としては冥利につきます。
私もお里は千葉県なので、是非例会にお邪魔したいところなのですが、悲しいことに現在は東京都民でして、ちはら台は地平の彼方……。それでも一度は参加させていただこうと野望を燃やしてますので、そのおりには、どうかよろしくお願いします。
堀江隆靖
2007/08/21 07:06
(長いので分割カキコ1)
ところで、もう皆さんお気づきのようにこのゲームは海兵隊にキツめとなっています。開発時点でそのことには気づいていたのですが、海兵側がイニシアチブを握っていること。戦力に余裕がある側に精神的にもゆとりを持たせてしまうと、プレイに緊張感がなくなってしまうことから、あえてそのままとしておきました。
とは言っても、あまりにキツいのも問題ですから、近々GJ誌に勝利条件の変更と、水際砲台による上陸破砕射撃についての選択ルールを発表する予定です。もちろんこれはあくまで選択ルールで、オリジナルのルールを否定するものではありませんので、今のままでのプレイの価値を失わせるものではありません。
どうかこれからもキツい海兵での勝利を目指して奮闘してください(笑)
堀江隆靖
2007/08/21 07:07
(長いので分割カキコ2)
ちなみにビルマの方もプレイしてくださるとさらに感激至極です。
あちらは日本軍がものすごく辛い目にあいますが、シミュレーションとしてはそれはしかたのないこと。と割り切ってください。

それでは、今後もひそかに訪問を続けさせていただきます。
堀江隆靖
2007/08/21 07:08
(言葉足らずで、すみません)

>水際砲台による上陸破砕射撃

「これではますます米軍不利になってしまう」と思われた方もいたかと思いますが、勝利条件がかなり米軍有利に変更されるため、トータルで考えればキツさは緩和される筈です。

ではでは、連続投稿失礼いたしました。
堀江隆靖
2007/08/21 07:29
おお、またもやデザイナーさんが…
以前は太平記のデザイナーさんがお越しになったし、ちはら会ももはや全国レベルのサークルとなりましたね!!mitsuさんのソロプレイがとうとう実を結びだしたという事か…
国民擲弾兵
2007/08/21 14:04
堀江さま、はじめまして。
地方例会の場末の(笑い)ブログにご訪問いただき、感謝いたします。

気の置けない仲間との勢いプレイですが、充分に元が取れるくらい、「激闘!硫黄島」を楽しんでいます。考えられる限りのセットアップと侵攻作戦は試したつもりです(日本軍のビックリ水際防御は、一度だけですが・・・ハイスタックって、結構、勇気がいるんですよね)。

ご指摘にあるように、史実では勝利した海兵隊が、かなり苦しむのが、ミソかと。イニシアチブを実感できるのに、勝てそうで勝てない、それがゲーマーの琴線に触れるようです。米軍の勝率は、1割5分くらいかな〜。

ともあれ、改定案は大いに歓迎します。これでバランスがよくなれば、さらに人気が出るかも知れません。いっそ、日本空襲をやめて「スプールアンス、動かず」ヴァリエーションも作っていただくと、幸いです。(と、このさい、勝手な要望です。すみません。)

最後に。
機会がありましたら、ご来訪をお待ちしています。その際は、謹んで、海兵隊妙技を見せていただければ、と(笑い)。今後の創作を楽しみにしております。
mitsu
2007/08/21 22:04
>ちはら会ももはや全国レベルのサークルとなりましたね!!mitsuさんのソロプレイがとうとう実を結びだしたという事か…

ありがとうございます!!

でも、よく考えると、ちょっと悲し〜(笑い)。
だって、こんなにプレイ環境がよくなったのに、未だに「ソロプレイが実を結ぶ」状況だもんな〜(大笑い)。

よし、こうなったら、ますます、ソロに磨きをかけるぞ!この努力がいつの日か・・・。おお、まさに蝉の幼虫のよう(笑い)。
蝉のソロ幼虫のmitsu
2007/08/21 22:13
堀江隆靖さん
硫黄島は名作ゲームです。
1 ゲームとしておもしろい。これが一番大事。
2 短時間で終わるので、1日5ゲームぐらいできる。
3 作戦の幅が広いので、毎回最初から最後まで脳みそ使う。
4 米軍・日本軍共に長所短所司令官の苦悩がそれらしく再現できてる。

今のところ米軍の勝率は1〜2割ぐらいですが、点数勝ちにしぼることで、3からうまくいけば4割ぐらいまで上げられそうな気がしています。ちなみに前回の千葉会では、37対40で惜しくも米軍で敗れました。一方で、米軍に40点とられてサドンデス負けも体験しました。選択ルールは歓迎しますが、使う気はありませんw
ふふふ
2007/08/22 18:07
追加
5 値段が納得の安さ。mituさん同様私も十分元をとりました。
減価償却はすんだので、これからはプレイするたび利益が出ますw
堀江さんの次回作期待しています。多分買うと思います。
デザイナーの名前でゲームを買おうとか考えてるのは、
初めてのことです。そういうの馬鹿にしてたんですがw
安く出してくださいねw
ふふふ
2007/08/22 18:28
確かに、ちはら会でも千葉会でも、プレイした方は絶賛してますね。
Mitsuさん、次のちはら会で、ぜひひとつインストしてやってください。
うおP
2007/08/23 20:17
うおPさん…流行り物が好きですねぇ。
国民擲弾兵
2007/08/24 00:14
また一人戦友がふえそうですね。
うれしいです。
ふふふ
2007/08/24 00:19
ところでvassalという通信対戦用のソフトがあるんです。
これを使えば、ネットでシミュレーションゲームを対戦できるらしいんです。
これで硫黄島できないか調査中です。
だれか知ってる人いないかな?
ふふふ
2007/08/24 00:23
>国民擲弾兵さん
おいら、流行に飛びつくというよりも、流行のシッポのうしろを追っかけているという感じでございますよ (^^;
しかも、いつも追いつかずに、途中で息切れしてますし・・・
でも、せっかく「対戦できる」という恵まれた環境にありますから、有効に活用して大いに楽しみたいですよね。
うおP
2007/08/24 12:40
勝利条件の変更について、テストプレイしてませんが、
ゲームターン数を1ターンでも伸ばすとそのままでもバランスが良くなるのではないでしょうか。
海兵隊は飛行場設置によるポイントで勝てるようになる気がします。
YB−TOMMY
2007/08/24 15:30
皆さん
有意義なコメント&うれしい応援をありがとうございます。
勝利条件については千鳥飛行場のポイントを上げることと、ゲーム終了時に日本軍支配エリアによって獲得されるものに制限を課してみようと考えています。
もちろん、これで「今度は米軍に圧倒的有利!」とならないよう、発表前に慎重に検討します。
TOMMYさんの「ターンを延長する」というのも良いアイデアですね。米軍としては戦略的選択肢が増してプレイしやすくなるでしょう。
堀江隆靖
2007/08/26 12:33
>mitsuさん

いつも約束ばかりして行けないのですが、涼しくなった頃、いや、寒くなった頃にでも帰郷を兼ねて顔を出させていただきます。おそらくこれまでにないぐらい弱々な海兵戦術をご披露することとなると思いますが‥w
ちなみに生まれは、ちはら台からでもまだ地平の彼方にある銚子です。

>ふふふさん

挙げられた4要素はいずれもまさしく私のゲーム開発ポリシーです。
でもこれらは硫黄島のみならず、すべてのテーマに共通の重要要素ですよね。私はアナログウォーゲーム衰退の一因として、「プレイ困難なもの、なるようにしかならないものが多い」ことがあると以前から思っていました。
次回作ですが、実はいろいろと仕込んでいます。
日本軍ものも、そうでないものもあります。
本業のかたわらなのでなかなか完成しませんが、そのおりにはよろしくお願いします。
堀江隆靖
2007/08/26 12:34
本日、山登りから帰還しました。2000mはとても涼しかったです。確か、アラカン山系など、3000m級がゴロゴロしているはず。で、雨期の山間では、一日に200mm(!)を越える雨だとか。敵以前に、自然とのあまりにも厳しい戦いが待っています。ビルマ戦は、想像を絶する苦闘でしょう。

閑話休題。
戻ってきたら、デザイナーご自身も混じっていただき、大盛りあがりのようでビックリ!こんな場末のブログで、有意義な対話ができて、ありがたいかぎりです。

堀江様の次回作を、大いに期待しております。「ゲームにならない」と言われた硫黄島を見事にまとめ上げたご手腕ですので、もし、インパール作戦とか、第2次アキャブ戦とかデザインしたら、どうなるのか、見てみたいものです!(他力本願ですみません)もちろん、その前に、「ビルマの落日」もプレイしたいと思っています。
那須山系から帰還したmitsu
2007/08/26 17:21
デザイナーさんも加わってブログ炎上?
堀江さん素晴らしいゲームを製作して頂き有難う御座います。
このゲームの面白さはコンパクト且つ短時間で決着が尽き、戦術の選択肢が多い事でしょうか。

PS.TSMさん、米軍のダイス振りをダイナミックにしようと、ダイス30個買って来ました。一振りでドーンとぶっ放して下さい。
ハト
2007/08/26 21:51
ハトさん
この前の37対40のゲームはおもしろかったですねえ。
30個のさいころ使わせていただきますw
ところで日本軍の配置の研究は進んでいますか?
こちらは米軍の北部上陸を研究中です。今度は反撃されても士気チェックを乗り越えて見せますw
TSMだったりふふふだったり弟子だったり
2007/08/26 22:46
ふふふ、配置のパターンは写真で収めた物から頭に描いた物迄数パターン有りますですよ。TSMさん、北部から上陸ですか?ふふふ、甘いですな、戦術傾向を事前に表明するとは。戦いは既に始まっているのですぞ?
ハト
2007/08/27 00:18
これは口が滑ったようです。
以降は報道管制を敷きましょうw
まあ、主攻勢は南部ですから。
次の対戦を楽しみにしていますよ。
私の米軍3勝目は、ハトさんの予定ですw
ふふふ
TSM
2007/08/27 04:06
なるほど!サイコロ30個を盤上でふって、ユニットを吹き飛ばし、ゲームを無かったモノにする高度な作戦ですね…なんて。それにしてもmitsuさんのブログは一式陸攻のように燃えやすいですな〜
国民擲弾兵
2007/08/27 20:52
手が滑ってサイコロが〜〜って、いやいや、そんな事せずとも星一徹ばりにテーブルひっくり返せばいい事でんがな。
また一つ配置パターンを思い付きました。ふふふ、
ハト
2007/08/27 21:47
最近は、日本軍のスタンダードな配置とそれに対する研究が進んで、海兵隊に天秤が傾いてきたようです。
これを押し戻すのは、ただ一つ!上陸海岸でのハイスタックあるのみ!
海兵隊の血で海岸を真っ赤に染めて「教育してやるぞ!」

でもね、一歩間違えると、あっという間に、日本軍が崩壊するので、結構、度胸がいるんだよな〜。誰が、あえて「火中の栗を拾う」のか!?

この前、痛い目にあった「北部海岸要塞作戦」も結構、効くかも・・・。
実は堪え忍ぶことが好きなmitsu
2007/08/28 00:42
>それにしてもmitsuさんのブログは一式陸攻のように燃えやすいですな〜

シャーマンだって、ヨーロッパ戦線では「ライター」だったぜ!ああ、88が欲しい!
mitsu
2007/08/28 00:45
日本軍持つと上陸海岸でのハイスタックがいかにリスクが大きいかよくわかります。米軍が初心者のときにしか、怖くてできないでしょうね。
だからこそ裏をかいてやる価値はあるのかもしれません。
でも失敗したら負けに直結するからなあ。
米軍で負けるのは悔しいけど、日本軍で負けるのは悲しい。
ところで、mituさん。ぜひミヤポンスキーさんと対戦してみてください。
初めてのゲームで米軍もって勝利するのはかなりの腕前だと思います。
そこでmituさんのハイスタックで教育してあげてくださいw
TSM
2007/08/29 01:40
ミヤポンスキーさん(または元店長さん)は、文字通りの練達さんですね。

実は、千葉会に参加して間もない頃、「バルジ大作戦」(CMJ)で、かなりすさまじい対戦をしたことがあります。終わった後、半日くらい、頭痛がしていました(笑い)。擲弾兵さんの知的疲労発言が、人ごとはなくって・・・。作戦立案・柔軟性・技量・集中力とも、天下一品です。

ただ、結果的には、サドンデス負けだったので、そりゃ、悔しくて悔しくて・・・。今のTSMさんのように、暇さえあれば作戦を考えて、毎晩、ソロで研究してました(笑い)。あんなに熱中したのは、本業の全国誌の執筆以来です(笑い)。

よき対戦がよきゲーマーを育てる、かな。いつか、乾坤一擲のハイスタックで迎撃したいと思います(と、思わせるだけでも、効果有りか?)
mitsu
2007/08/29 10:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
洞窟陣地は気温より熱かった!〜激闘!硫黄島(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる