歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤軍はつらいよ、稚内編〜日本防衛戦(バンダイ)シナリオ「第2師団」

<<   作成日時 : 2007/07/02 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

このところ、マイブームの仮想戦ですが、ブログでアップした「日本防衛戦」(バンダイ)を持ち込んだところ、これまた、マイナーアイテムを愛するへぼへぼさんが、お相手をしてくれました。シナリオは道北での戦いを描いた「第2師団」。極東ソ連軍をへぼへぼさんが、陸上自衛隊をmitsuが担当しました。

画像

序盤、道北の3カ所に上陸した極東ソ連軍は、野寒沙布陣地と退路を遮断した音威子府・オホーツク海陣地に、いきなり突破攻撃をかけます。威力は強烈ですが、その分、損害が多い突破攻撃なので、「まだ、早くないですか」と言ってみましたが、「せめなきゃ、赤軍らしくないでしょう」と、全てに航空支援をつけて、突破攻撃をします。下手をすると、陣地が半壊する可能性がありましたが、drはことごとく低め。戦闘結果はほぼ相打ちとなり、突破攻撃の特殊損害により、3個師団とも戦力は3割程度、減少します。次ターンも、引き続き、攻撃をかけますが、補給不足(1補給ポイントのみ)で野寒沙布陣地を攻めるのがやっと。が、またも「1」を出し、被害は赤軍のみ。

画像


画像

うまくいくと、第3ターンには道央に侵攻できることもありますが、今回は第2師団の捨てがまりに足を取られて、ソ連軍は思うように進めません。と、反撃態勢を整えた第7機甲師団が、包囲下の味方を救出するため、北上を開始します。第2ターンに、連隊戦闘団が敵の空挺部隊を撃破して、旭川を奪回。増援で兵力を増強しながら、音威子府に突進します。第4ターンには、士別・美深を占拠して、音威子府と連絡を取ることに成功します。

画像

最終ターン、ソ連軍は5ターンに及ぶ強襲で、野寒沙布陣地を落としますが、もう一つのVP地点−音威子府は、未だ健在。増援を含めた2個師団をかき集め、攻撃をします。が、結果はD1(1)。自衛隊はやむえず、陣地を捨てて後退しますが、最後に攻撃をかけたソ連軍の1個連隊が、攻撃側の損害で壊滅。戦闘後前進ができずに未占領となり、引き分けで終了しました。序盤に突破戦闘を多用しすぎて兵力が消耗したことと、drが悪かった(「1」が5回!)ことで、赤軍につらい展開でした。

ともあれ、急なインストプレイにつきあってもらって、ありがたかったです。防御側がかなり有利な戦闘システムなので、両軍ともに少し慣れが必要なようです。また、機会がありましたら、ぜひ・・・。でも、「今更のアイテム」ゆえに、再戦は難しいだろうな。いっそ、ソロ演習のキャンペーンでも、アップしようかしら。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
6月はじめのソロプレイは、代打のアイテム?!〜「シーレーン防衛」(翔企画)
すっかりご無沙汰の旧未来戦ですが、昔のブログ記事を見直していて、はたと気がつきました。「日本防衛戦」(バンダイ)をプレイしたのは、もう1年前なんですね。 http://chiharakai2005.at.webry.info/200706/article_15.html http://chiharakai2005.at.webry.info/200707/article_2.html http://chiharakai2005.at.webry.info/200707/articl... ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2008/06/07 11:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤軍はつらいよ、稚内編〜日本防衛戦(バンダイ)シナリオ「第2師団」 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる